脱毛と温泉旅館

RSS
12月
15

嫌そうな姉に構わず毛ぞりを頼んだ!

bikyaku2お風呂でムダ毛の処理をしていました。別に数日後にムダ毛の処理をしないといけない理由が合ったわけでもありません。しかし私は一点の曇りもなくムダ毛を処理したいと思ったのです。顔から足まで髪の毛とアンダーヘア以外のムダ毛はすべて毛ぞりするつもりでした。でも途中で出来ないことに気づいたのです。

人間の腕って伸びるわけじゃありません。ムダ毛の処理は腕を使って処理しないとできないので、毛ぞりできる範囲が決まっているのです。私は肩のムダ毛や背中のムダ毛まで手が届かなくて困りました。確かに生えていることは分かります。それなのに処理できないのです。すごくイライラしました。

こうして頼ることにしたのが、姉です。お風呂場から姉を必死で呼んで無理やり来てもらいました。そして嫌そうな姉を見て、両手を神頼みのポーズでおがんでから、「背中の毛を剃って」とお願いしたのでした。姉は明らかに面倒くさそうな顔でした。「何で私が」と断られるのは承知で頼みました。そしたら私の熱意が伝わったのかもしれません。姉は文句を言いながらですが、渋々背中のムダ毛を剃ってくれました。その後、肩の方までしっかりとムダ毛を剃ってもらって、ムダ毛の処理が完了しました。こうして一点の曇りもいなくムダ毛処理を行えたのです。

姉のおかげですごく助かりました。これでやっとムダ毛がすっきりしました。背中や肩のムダ毛って一人じゃできないんですよね。手伝ってくれる姉がいて良かったです。姉はきっとめんどくさかったと思いますけどね。

 12月 15th, 2015  
 w_admin  
 脱毛体験談  
   
 0 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です