脱毛と温泉旅館

RSS
12月
15

痛みを感じる自己処理方法は肌に悪い

ムダ毛の処理で毛抜きを使うのはすごく痛いです。私は普段、ムダ毛の処理をシェーバーを使って行っています。だからほぼ痛みがありません。それに比べて、毛抜きを使ったムダ毛の処理は痛みを強く感じるのです。それは処理の仕方に原因があります。

シェーバーやカミソリを利用したムダ毛の処理は毛の表面を剃り落とします。だから毛穴の方まで傷みはしないのです。表面のムダ毛を切り離すことで痛みを感じずにいられます。しかし毛抜きでの処理は毛穴の奥の方からムダ毛を抜くことで毛を取り除きます。そうすると毛穴の奥深くに衝撃が走るんですよね。これにより肌に傷みがが生じ、痛さを感じます。毛穴が開くので、そこから菌なども発生し、肌にもよくありません。このようにシェーバーやカミソリと違って毛抜きでの処理はお肌に悪い影響を及ぼすのです。

毛抜きによるムダ毛の処理をしたときに涙が出るほど痛みを感じることがあります。それは毛抜き処理が肌に大きな負担を与えて、肌を傷ませるからです。このことからも分かると思いますが、毛抜き処理など強い痛みを感じる処理の仕方は、肌への悪い影響度大です。だからなるべくやめておきましょう。ムダ毛を処理するのならなるべく痛くない自己処理の方法を選んだ方が安心です。その方が肌に炎症を起こしたりする可能性が低いですからね。こういう面にもしっかりと把握してからムダ毛の処理を行ってくださいね。

 12月 15th, 2015  
 w_admin  
 脱毛雑学  
   
 0 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です